U―23(23歳以下)日本代表FW小川航が半年ぶりに戻ってきた。J2磐田の春季キャンプ初日に合流。終始、明るい表情で体幹トレーニングやボール回しなどをこなし、ペース走ではグループの先頭を走り続けた。「多くの選手や監督も代わり、新鮮な気持ちでやれた。競争意識を持ってやっていきたい」と決意を新たにした。
 東京五輪世代の代表として出場した昨年6月のトゥーロン国際大会決勝のブラジル戦で左足関節外側側副靱帯(じんたい)を損傷。直後の7月にJ2水戸に期限付き移籍した。水戸で17試合7得点の活躍が認められ、東アジアE―1選手権の日本代表に選ばれた。
 「東京五輪に出場し、活躍す...    
<記事全文を読む>