ベルギー1部のシントトロイデンへの完全移籍が内定したJ1清水のDF松原后(23)が21日、静岡市内で取材に応じ、「レギュラーを勝ち取り、結果を残したい。さらに高いステージや日本代表も目指していく」と新天地での抱負を語った。
 清水で主力に定着し、「自分がもっとチームを強くさせたい」という思いもあったが、獲得オファーを受けて「より厳しい環境でもっと成長しなければ」と挑戦を決意した。
 清水での5年間を「このクラブでプレーできて心から良かった」と振り返り、「サポーターやクラブの関係者に誇りに思ってもらえるような活躍をしたい」と表情を引き締めた。
 松原は22日...    
<記事全文を読む>