DF小野田将人―後方から積極的に攻撃
 J3今治から完全移籍したDF小野田将人は、積極的な攻撃参加を売りにする。元々は前線を担っていたが、活躍を期して変更。昨季J1の経験があり、「ビルドアップ(組み立て)や追い越す動き、後ろからエネルギーを持ってプレーできる」と自信を持つ。

 高校進学後に競技を断念しかけたが、転校した柳ケ浦高(大分)でレベルアップし、同校の全国高校総体初出場に貢献した。卒業後、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーとして携わる今治に加入。当時の吉武博文監督(現・東京Vコーチ)らの勧めがあり、DFに転身した。「これからの時代、後方からゲームを...    
<記事全文を読む>