サッカーJリーグ2部(J2)ジュビロ磐田の鹿児島キャンプ出発を前に、磐田市は21日、激励会を市役所で開いた。横断幕やフラッグを手にしたサポーターや市職員ら約400人が集まり、チームに声援を送った。
 渡部修市長が「私たちは応援するのみ。選手のみなさんは一生懸命頑張る姿を見せてほしい」とエールを送り、フベロ監督は「ジュビロがいるべきJ1に必ず復帰し、みなさんと笑顔でお祝いしたい」と決意を述べた。
 ジュビロ磐田ホームタウン推進協議会の河島直明会長らは、チームの運営会社ジュビロの小野勝社長とフベロ監督、大井健太郎選手に花束を手渡した。
 大井選手は「サポーター...    
<記事全文を読む>