サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースは21日、仙台市の泉パークタウンサッカー場で、今季初めて全体練習をした。
 けがなどで別メニューで調整する奥川、佐藤楓、新加入の成田を除く23選手が約1時間、体を動かした。ランニングとパス回しのメニューで体を温めた後、ミニゲームを実施。新たに加わった選手たちも積極的にゴールを奪っていた。
 チームは昨季、2年連続でリーグ1部の残留争いに苦しんだ。今季背番号10となったFW有町は「何かを変えていかないといけない。新加入選手も一つとなって、勝ちにこだわっていきたい」と気を引き締める。
 昨年日本代表「...    
<記事全文を読む>