タンザニアへ遠征した9月半ばの練習中に右太もも裏を痛めて以来、3カ月ぶりに試合へ出場しました。後半から途中出場し、左からのセンタリングでチームの3点目をアシスト。こちらに来てから初めて記録しました。

 結果を出すと、スタッフやファンの反応も違います。アフリカは自分で持ち込んで勝負する選手が多いため、味方を生かしたプレーに、街中でも「良いパスだった」と声を掛けてもらいました。

 けがをすると、チームにドクターはいますが、フィジカルコーチはいないため、自分自身で調整するしかありません。もう一度けがをしてはまずいので、体と相談しながら、かなりゆっく...    
<記事全文を読む>