サッカーJ2松本山雅FCを支援する山雅後援会(松本市)が、新たに飯田下伊那地域で活動する地域支部「飯伊支部」を設けることが20日、分かった。南信の支部は、2013年に発足して上伊那地域を中心に活動する南信州支部、15年発足の岡谷支部に続き3カ所目となる。
 2月3日の後援会理事会での決定を経て、同9日に松本市で開く総会で正式承認される見通し。会員は約100人。支部長には飯田精機(下伊那郡喬木村)の永井茂美会長が就く予定だ。アウェー戦のパブリックビューイング(PV)の他、開幕前やシーズン終了後のイベントなどを計画。飯田下伊那地域でサポーターを増やす。昨年10月に発足した北信支部...    
<記事全文を読む>