J2アルビレックス新潟は18日、今季の主将にDF堀米悠斗(25)とMFシルビーニョ(29)が就任すると発表した。新潟で主将2人体制は初めて。

 クラブを通じ、堀米は「一体感のある『ONE TEAM』が昇格を成し遂げる。多国籍なチームが最後まで突っ走れるよう、先頭に立っていく」、シルビーニョは「監督が初めて日本で指揮するシーズンで任命され、感謝と責任を感じる」などとコメントした。

 堀米は昨季、リーグ中盤戦で左サイドバックの定位置をつかみ、22試合に出場。高い技術を持つシルビーニョはリーグ戦27試合に出場し、4得点を挙げた。

...    
<記事全文を読む>