サッカーJ1リーグの横浜FCは18日、キャンプ地の上富田スポーツセンター(和歌山県上富田町朝来)で、田辺・西牟婁のサッカー少年を対象にした教室を開いた。コーチが指導した後、元日本代表の三浦知良選手(52)ら選手が登場。子どもや保護者らを喜ばせた。

 2月21日にJ1リーグの開幕を控え、横浜FCは15日から25日まで上富田町でトレーニングキャンプをしている。

 サッカー教室には田辺・西牟婁の少年サッカーチームに所属している約150人が参加した。元プロの増田功作ヘッドコーチが中心になって指導し、ボールを手に持っての1対1では「相手との距離感やタイ...    
<記事全文を読む>