J1広島のGK林が感覚を研ぎ澄ましている。昨季は腰を故障し、大迫の台頭もあってリーグ戦4試合の出場に終わったが「シーズン終盤はコンディションも戻り、手応えはあった。しっかり体をつくればまだ戦える」。チーム最年長37歳は再び、ゴール前に立ちはだかる決意だ。

...    
<記事全文を読む>