今季J1に復帰した横浜FCの元日本代表FW三浦知良(静岡市出身)が17日、和歌山県上富田町でのキャンプで始動した。臀部(でんぶ)の疲労のためチームとは別調整だったが、付近のトレーニング施設で2時間ほど体を動かした。全体練習への合流時期は未定で「痛みが取れてから。でも焦らずに」と話した。
 52歳の三浦は毎年恒例となっているグアムでの自主トレーニングを終え、和歌山入りした16日は治療に専念していた。
 2月26日で53歳を迎える三浦がJ1に出場すれば、中山雅史(当時札幌)が12年にマークした45歳2カ月1日を大幅に上回るJ1最年長記録となる。「そういうことも含めて、い...    
<記事全文を読む>