J1仙台は、沖縄県糸満市での1次キャンプ第5日の17日、同市西崎運動公園陸上競技場で午前、午後の約2時間半練習した。午前はインターバル走など体力トレーニングに努め、午後は激しい風雨の中でピッチを狭めての実戦形式で攻守の連係を確かめた。開始前にはチーム公式の集合写真も撮影し、選手らは今季の真新しいユニホームを着て臨んだ。
 実戦練習では双方のトップ下が得点に絡んだ。まずは兵藤。前線で右クロスを巧みな位置取りで合わせてゴールを奪った。佐々木も続く。左サイドからゴール前へカットイン。相手DFの背後を取ってクロスを放ち、長沢のヘディングにピタリと合わせてゴールをアシストした。
<記事全文を読む>