1-1で引き分けた1次リーグ最終戦のカタール戦後、全3試合に出場した相馬(名古屋)はチームの課題を率直に指摘した。「引かれた相手に対して崩しのバリエーションがなかった。連係の部分でまだまだ足りない」

 3試合未勝利に終わった日本は、重心を下げて速攻に活路を見いだす相手に苦しんだ。日本の3得点は、食野(ハーツ)、相馬、小川(磐田)がいずれもエリア外から貪欲に放ったミドルシュート。ゴール前を固める相手への常とう手段だが、エリア内を連係で崩すアイデアは手詰まりだった。

 基本布陣の3バックでは、ワントップとその後ろの2人の前線が一つの肝。外に張った中盤の両サイドがここ...    
<記事全文を読む>