松本山雅は16日までに10人の新戦力を加え、新シーズンに向けて動きだした。さらに複数の外国人選手が加入する見通しで、1年でのJ1復帰に向けてチーム強化が進む。新たに指揮を執る布監督の下、再出発したチームに加わった選手の横顔や決意を紹介する。
   ◇
 東京農大から当時J3の群馬に加入して1年目の昨年6月。デビュー戦で豪快なミドルシュートを決めると、その後は不動の右サイドバックとして群馬のJ2昇格に貢献した。「いい環境で、いい選手にもまれて成長したい」。さらなる高みを目指して松本山雅への移籍を決断した。
 大学時代までは無名に近い存在で、卒業後は一般企業へ...    
<記事全文を読む>