サッカーJ2松本山雅FCの運営会社「松本山雅」(松本市)と信州大(本部・同市)は十六日、地域貢献をテーマに包括的な連携協定を結んだ。両者はこれまでも連携実績があったが、協定を結ぶことで学内外に周知し、教育、学術、産業など多面的な分野で協力を進める。

 山雅と信州大は二〇一二年ごろから、同大ゼミ受講生によるホームゲーム運営のサポートや、同大講師や学生による山雅ユースアカデミー選手への野外教育活動、山雅社員らによる学生への講義などさまざまな連携をしてきた。

 一八年からは県内の中小企業と首都圏で活躍する人材を結び、県内企業の課題解決と成長を促す「信州100年企業創出...    
<記事全文を読む>