サッカーJ2・FC琉球の2020シーズン新加入選手記者会見が16日午後、沖縄県那覇市の県体協スポーツ会館で開かれた。会見には新たに加入した12人と樋口靖洋監督、倉林啓士郎会長、三上昴社長らが出席。今季のスローガンをJ1昇格プレーオフ進出と首里城再建への願いを込め「REVIVE(再興)」とした。
  
  新加入選手はFW2人、MF4人、DF5人、GK1人の計12人。21~32歳までで、平均年齢は24・5歳。北朝鮮代表DFの李栄直(リ・ヨンジ)は「自分の価値、FC琉球の価値を上げるために来た」と意気込みを語った。新ユニホームの発表も行われ、チームカラーのベンガラ色、...    
<記事全文を読む>