今季のサッカーJ1リーグで戦う横浜FC(横浜市)のトレーニングキャンプが15日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで始まった。元日本代表の中村俊輔選手や松井大輔選手ら約50人が参加。三浦知良選手は16日午後に合流した。合宿は25日まで。

 横浜FCは昨年、J2リーグで2位になり、13年ぶりにJ1昇格を決めた。上富田町でキャンプをするのは2年連続2回目。年明け最初の1次キャンプに温暖なこの地を再び選んだ。

 15日は午後から上富田スポーツセンターに入り、天然芝の球技場で約1時間半、ランニングを中心としたメニューをこなした。昨シーズン途中からチームに移籍し...    
<記事全文を読む>