J2アルビレックス新潟は15日、高知市でキャンプインした。空路で昼前に現地入りし、午後から早速初練習を行った。2月14日までのキャンプ期間中に体力や技術、連係を向上させ、2月23日の開幕戦に臨む。

 体調不良のFWフランシス、合流していないGK小島、FWファビオを除く25選手や首脳陣が午前7時ごろ、新潟空港に集まった。キャンプのテーマについて、アルベルト監督は「まずはチームとしてまとまり、少しずつ前進する。けが、体調不良がないことを祈る」とした。

 発熱から復帰したFW渡邉新は「もう大丈夫」と問題ない様子。練習試合が7試合予定されるスケジュールに「実戦をどんどん...    
<記事全文を読む>