サッカーJ2・モンテディオ山形は14日、静岡県御前崎市で1次キャンプをスタートさせた。新たに就任した石丸清隆監督の下、新シーズンに向けて体を鍛え抜く。

 この日の早朝に山形を出発し、約9時間に及ぶバス移動でキャンプ地に入った。使用するグラウンドは4季連続で「御前崎NEXTAFIELD(ネクスタフィールド)」。昨年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で優勝した南アフリカの公認キャンプ地でもあり、例年通りの良質な芝が整えられた。

 午後3時半からスタートした練習には、合流が遅れていた新加入のMF中村充孝を含む全30選手、石丸監督らスタッフが参...    
<記事全文を読む>