J2ファジアーノ岡山は14日、MF関戸健二(30)が恥骨結合炎で全治4カ月と診断されたと発表した。以前から痛めていた部位だった。

 大卒9年目の関戸は昨季、チーム2番目となる自己最多41試合でプレーした。右MFやボランチでパスのつなぎ役となり、豊富なスタミナを生かした守備でも貢献度が高かった。J2通算出場は193試合8得点。

...    
<記事全文を読む>