J1清水は14日、静岡市内で2020年の新体制を発表した。オフに社長、チーム編成の実質的トップとなるゼネラルマネジャー(GM)、現場トップの監督の三役を一新。今季のクラブスローガンを、再形成を意味する「RE-FRAME」とし、プロ野球のロッテ社長から転身した山室晋也新社長は「強いクラブをつくる」と昨季からの巻き返しを誓った。
 昨季はリーグ戦最終節まで残留争いに苦しみ、目標に掲げたトップ5を大きく下回る12位に終わった。昨季のJ1を制した横浜Mでヘッドコーチを務めたピーター・クラモフスキー監督に再建を託す。新指揮官は「攻撃的でスピードのあるサッカーを見せる」と横浜Mに近いスタ...    
<記事全文を読む>