サッカーJ1の清水エスパルスは十四日、二〇二〇年シーズンの新体制を発表した。オーストラリア出身の新監督、ピーター・クラモフスキーさん(41)=横浜F・マリノス前ヘッドコーチ=は「ここに来たのはクラブをチャンピオンにするためです。攻撃的でアグレッシブで、速いサッカーを目指す」と語った。

 静岡市内であった会見には新加入選手やスタッフも参加。大宮アルディージャから移籍するDF奥井諒選手(29)は「持ち味の九十分間戦う姿勢を、チームのためにみせたい」と抱負を語った。

 新たに就任した山室晋也社長(59)=プロ野球・ロッテ球団前社長=は、十三日の高校サッカー選手権を制し...    
<記事全文を読む>