サッカーJ2のFC琉球は14日、沖縄県八重瀬町の東風平運動公園サッカー場で2020シーズンへ向けた全体練習を行い、本格始動した。昨季はJ2初参戦で14位に終わった。2季目の樋口靖洋監督は「(J1昇格)プレーオフに進出し、J1へチャレンジしたい」と強調し、最高峰の舞台への挑戦が始まった。
  
  この日は新加入の選手12人を含めた26人が練習に臨んだ。午前は9時半から1時間ほどミーティングを行い、ストレッチやワンタッチパス練習、ランニングなどで、軽く汗を流した。午後は3時から同サッカー場で行う予定だ。
  
  昨季途中から加入し、今季もプレーす...    
<記事全文を読む>