サッカーJ3のカターレ富山の来シーズンに向けた新体制発表会が十三日、富山市牛島新町のタワー111であり、選手と監督が意気込みを語った。来季のスローガン「頂点 心ひとつに」も発表された。

 新加入十一人を含む二十六選手と安達亮監督らが参加。安達監督は今季を四位で終えたリーグ戦(三十四試合)を振り返り、得点数54がリーグ二位、失点数31がリーグで二番目に少なかったことを踏まえて「来シーズンは他を圧倒してJ2に上がれるチーム。J2でも上位を狙えるように練習したい」と抱負を語った。各選手も意気込みを語り、射水市出身のFW高橋駿太選手は「サッカーで富山を盛り上げたい」と力を込めた。<...    
<記事全文を読む>