サッカーJ2の松本山雅FCの新体制発表会が十三日、松本市深志のまつもと市民芸術館で開かれた。集まった千八百人のサポーターを前に、選手らが意気込みを語った。就任したばかりの布啓一郎監督は「この地域にふさわしい研ぎ澄まされたサッカーを展開する。皆さんとともにJ1昇格という目標を達成したい」と力を込めた。

 発表会では、新加入の九人を含む選手二十九人とコーチ陣が一人ずつ登壇し、抱負を述べた。MF藤田息吹選手は「あれだけの声援の前でプレーでき、幸せな一年だった。またあの舞台に戻れるよう頑張る」。新加入のDF三ッ田啓希選手は「自分の良さを出して全力で戦う」と意気込んだ。一発芸を披露す...    
<記事全文を読む>