サッカー明治安田J2のザスパクサツ群馬は13日、前橋市内で新加入選手・スタッフの発表会見を行った。クラブは「勝ち点50、16位以上」を目標に設定。OBの奥野僚右氏を新監督に迎え、新たな船出となる。

 奥野監督は冒頭「今からわくわくでいっぱい。このクラブにまた携われて感謝する。県民の皆さんに活力を提供したい」と意気込んだ。チームのスタイルは今後、開幕までに選手の状況を見極めて判断する。

 新加入は15人。清水、大宮などで活躍し、2018年にJ2得点王を獲得したFW大前元紀をはじめ、J1・J2での経験豊富な選手が加わった。獲得に尽力した新任の松本...    
<記事全文を読む>