2007年以来のJ1に復帰した横浜FCが13日、横浜市内のホテルで今季の新体制を発表した。昨年5月に就任した下平隆宏監督は「いずれはJ1でタイトルを取るために、今季はトップ10に入ることが目標。J1昇格よりも難しい目標と理解した上で、選手、スタッフと頑張っていく」と意気込みを語った。

 会見には、この日の全国高校選手権決勝に出場したMF古宿理久(青森山田高)を除く新加入10選手が参加。東京五輪世代でG大阪から期限付き移籍で加わったFW一美和成らが決意を新たにした。

 上尾和大社長は「J1昇格という最初の目標を成し遂げ、今季はクラブがさらに大き...    
<記事全文を読む>