栃木市岩舟総合運動公園を第1候補地としている関東1部リーグのサッカークラブ・栃木シティFCのスタジアム建設計画で、クラブは13日、市内で開いた住民説明会でスタジアムのイメージ図などを明らかにした。収容人数はJリーグ参入要件を満たす5129人。天然芝のピッチとスタンドの距離は5メートルと、「日本一観客と選手の距離が近いスタジアム」を目指すという。

 スタジアム建設候補地は同公園西側の野球場などがある一角。天然芝のスタジアムのほか、選手控え室などがあるクラブハウス、フル規格の天然芝練習場を整備するとした。

...    
<記事全文を読む>