J1横浜M、川崎、湘南の県内3クラブが11日、各地で新体制発表会見を開き、新シーズンへの意気込みを語った。

 連覇を目指す横浜Mは今季初の全体練習を実施して始動。その後の会見では、就任3季目のアンジェ・ポステコグルー監督が「成功は約束できないが、ハードワークは約束する。クラブのプライドを持って戦いたい」と決意した。

 昨年4位の川崎は鬼木達監督が覇権奪回を誓い、戦力が大幅に入れ替わった湘南は浮嶋敏監督が心機一転の再スタートを強調した。

 新加入8選手のうち大学生が4人。主力の多くが残留した川崎は、即戦力候補の若手を育てながら2年ぶ...    
<記事全文を読む>