ファジアーノ岡山は11日、今季着用するユニホームを披露した。

 FWイ・ヨンジェやGK金山ら既存選手がモデル役を務め、フィールドプレーヤーのホームは赤色の濃淡と小さなひし形の連続で横じまを浮かび上がらせ、全面がほぼ赤。白地のアウェーは赤と紺の帯が胸に入ったデザインとなった。GKのホームは「晴れの国」の青空を思わせる鮮やかな青が印象的で、黄色のアウェーは岡山の太陽をイメージした。

 背番号も発表され、新加入選手は白井が7、上門が19、ポープ・ウィリアムが22、野口が25、山田が35、徳元が41、清水が44となった。

...    
<記事全文を読む>