横浜サッカーのレジェンドによる新春トークが実現した。11日、横浜市中区の大さん橋ホールで開かれた第1回横浜サッカー指導者セミナー(放射線医療技術・国際連携協会主催)のプログラムとして、J1横浜FC会長の奥寺康彦さん、ミスターマリノスと呼ばれた木村和司さんが出演し、旭高出身の元Jリーガー水内猛さんが進行役を務めた。

 同セミナーは少年の指導者らに放射線医療をけがの予防に生かすことを学んでもらうため初めて開かれた。トークに参加した小川健二日本鋼管病院長は「指導者が技術だけではなく体の鍛え方を勉強していくことが重要」と話した。

 昨季、古巣がJ1優...    
<記事全文を読む>