サッカーJ1勢を中心に国内外のチームが1月から2月の間、沖縄県内各地でキャンプを行う。調整中の2チームを含めると過去最多となる29チームが予定。Jリーグからも最多の20チームがキャンプを張る。誘致活動を担当する九州サッカーリーグ1部の沖縄SVや県の担当者らが10日、県庁で会見を開き詳細を発表した。沖縄SVの髙原直泰代表取締役は「本物のプレーを間近で感じ、楽しみながら各チームを激励してほしい」と呼びかけた。

 キャンプ第1号のFC東京は既に7日から始動。続いてJリーグ昨季覇者の横浜F・マリノスが12日にキャンプインする。元スペイン代表のイニエスタが所属...    
<記事全文を読む>