ツエーゲン金沢は10日、2020年新体制と新ユニホーム、背番号を発表した。2月23日開幕のシーズンは新加入11人を含む24選手でスタートする。金沢東急ホテルで記者会見した西川圭史ゼネラルマネジャーは「J1参入プレーオフを目指して選手とともにチームを進化させ、良いスタートを切りたい」と決意を語った。
 ツエーゲン金沢は昨季、15勝、勝ち点61、J2リーグ11位と過去最高の成績を挙げた。20年は、指揮を執って4年目となる柳下正明監督のもと、昨季果たせなかった一桁台のリーグ順位に挑む。田端秀規強化部長は「少数精鋭で全員が試合に絡むことができるような選手を取った」と補強のポイントを語...    
<記事全文を読む>