J1横浜Mは10日、昨季限りで引退した元日本代表DF栗原勇蔵氏(36)が新設ポストの「クラブシップ・キャプテン」に就任すると発表した。

 マリノスの育成組織で6年間、トップチームで18年間プレーした経験を生かし、現場やフロントの垣根を越えて今後のクラブの在り方を考える役割を担う。ネーミングには「船長役を果たしてもらいたい」との思いを込めた。

 栗原氏はクラブを通じ、「今度は自分自身が支える側にまわり、クラブに恩返しする番だと思っています。諸先輩方が築き上げてきた横浜F・マリノスの伝統を守りつつ、クラブがより良くなるような新しい歴史を、クラブに...    
<記事全文を読む>