J2水戸は9日、城里町のアツマーレで今年初めての全体練習を行い、2月23日のリーグ開幕に向けて始動した。新加入選手14人と秋葉新監督を迎え、過去最高の7位となった昨季超えに挑む。秋葉監督は「このまま上位争いに絡むか残留を争うクラブになるのか。分岐点になる大事なシーズン」と今季の重要性を語った。

午前中の練習はペース走やレクリエーション形式のトレーニングなど、約1時間行われた。選手はコミュニケーションを取りながら、明るい雰囲気で取り組んだ。

オフシーズンで多くの主力選手が退団。チームの再構築が求められる状況だ。今季の方針として秋葉監督は「去年の...    
<記事全文を読む>