J1浦和は9日、さいたま市緑区の埼玉スタジアムで加入会見を行い、昨季J2得点王で新潟から移籍加入したFWレオナルドは「2018年に日本に来てから、どの日本人選手にも浦和でプレーすることが夢だと話していた。浦和で長年活躍し、浦和の歴史に名を刻みたい」と意気込みを口にした。

 大分などへの期限付き移籍から浦和に復帰した21歳のMF伊藤は「試合経験を積み、プレーの質や強度がレベルアップした姿を見せたい。自分のプレーをすれば間違いなく試合に出られる」と自信をにじませた。

...    
<記事全文を読む>