北海道コンサドーレ札幌が8日、札幌・宮の沢白い恋人サッカー場で若手の練習を行い、DF進藤亮佑(23)はランニングなど軽めの練習を行った。6年目を迎える今季は、札幌U―18時代に一緒にプレーした大卒ルーキーのMF高嶺朋樹(22)ら3人が加入。若手リーダーの自覚とともにさらなる飛躍を目指す。

 進藤が今季新加入の若手をけん引する。「自分も1年目は何も分からずだった。もし何かあれば、そういうパイプ役のような役割もやっていければ」と自らの経験を生かし、プレーだけではなく、良き兄貴分として模範を示していく。

 再会を待ち望んでいた。新加入の高嶺は札幌U―18で進藤の1つ年...    
<記事全文を読む>