J2栃木SCは7日、宇都宮市の河内総合運動公園陸上競技場で今季最初の全体練習を行い、元日本代表のFW矢野貴章(やのきしょう)ら新加入の12人を含む選手27人が体力トレーニングに取り組んだ。FW大黒将志(おおぐろまさし)ら契約交渉中の8人は不参加。約60人のサポーターがスタンドから見守った。

 昨季22チーム中20位と低迷した栃木SCの始動は例年より約1週間早い。2年目の指揮を執る田坂和昭(たさかかずあき)監督は「去年の反省を踏まえ基礎体力強化や戦術浸透を図りたい」と理由を明かした。2部練習のこの日はミーティング後の午前10時半にスタート。初日とは思えない強度のメニューで体力...    
<記事全文を読む>