サッカー・J1サガン鳥栖を設立した功労者である坂田道孝さんの命日となる7日、運営会社サガン・ドリームスの竹原稔社長や高橋義希選手(34)らが佐賀市川副町の善興寺を訪れた。

 坂田さんは、サガン鳥栖の前身「鳥栖フューチャーズ」が経営難で解散した後、クラブ存続のために奔走。2000年1月7日に54歳で亡くなった。命日にちなみ、同チームの背番号17はサポーターナンバーになっている。

 墓前で手を合わせた竹原社長は「まずは感謝の気持ち。(クラブを取り巻く環境が)今後は難しくなっていくので力を貸してほしい」と語った。初めて訪れた高橋選手は「ずっと来たいと思っていた。今年の...    
<記事全文を読む>