サッカーの全日本U―18(18歳以下)女子選手権最終日は7日、堺市のJ―GREEN堺で行われ、3位決定戦に臨んだ中国地区代表で初出場のソルフィオーレ(岡山)は浦和レディースユース(埼玉)に0―4で敗れ、4位に終わった。決勝は千葉レディースが日テレメニーナ(東京)を2―1で下し、2年ぶり2度目の優勝を飾った。

...    
<記事全文を読む>