J1神戸は7日、MF三原雅俊がJ1柏に完全移籍すると発表した。2019年シーズン途中から柏に期限付き移籍し、J1昇格に貢献。神戸の生え抜きとしてプロ生活を送っていた31歳は「13年間ヴィッセル神戸の選手としてプレーできたことを誇りに思います」とコメントした。

 熊本市出身の三原は07年に高卒ルーキーとして神戸入り。ボランチが定位置ながら、両サイドバックなど戦術眼の良さと運動量を生かし、J1通算150試合に出場した。19年夏には自身3度目の期限付き移籍として、かつて神戸を指揮したネルシーニョ監督が率いる柏に加わり、先発に定着。2季ぶりのJ1復帰に寄与した。

 神戸...    
<記事全文を読む>