J1横浜Mは6日、ECバイーア(ブラジル)から期限付き移籍していたFWエジガルジュニオ(28)の移籍期間を延長し、2020年シーズンも引き続きマリノスでプレーすることが決まったと発表した。

 昨季加入のエジガルジュニオは開幕から2戦連続ゴールをマークするなどチーム戦術に適応。リーグ戦16試合で11得点を挙げる決定力を発揮したが、夏場に左足首を骨折して長期離脱していた。

 クラブは同日、J1名古屋から期限付き移籍していたFWマテウス(25)の移籍期間が満了となったことも発表。マテウスは「選手、監督、コーチ、スタッフ、仲間たちのおかげで早くマリノ...    
<記事全文を読む>