J1仙台は6日、ヴィトーリア(ポルトガル)からFWアレクサンドレ・ゲデス(25)=185センチ、83キロ=、ボタフォゴ(ブラジル)からDFパラ(24)=167センチ、70キロ=が完全移籍で加入が決まったと発表した。能力の高い外国人の加入で選手層の底上げを図る。
 ポルトガル出身のゲデスはポジション取りがうまく、身体能力と足元の技術が高いストライカー。これまでポルトガルのクラブでプレーし、初の海外移籍となる。2013年にU-19(19歳以下)、14年にU-21(21歳以下)ポルトガル代表に選出された。
 ブラジル出身のパラは、スピードを生かしたオーバーラップからの精度...    
<記事全文を読む>