J2水戸は4日、磐田から期限付き移籍していたFW小川航基(22)の期間満了による退団を発表した。同日、J2磐田は小川の復帰を発表した。またJ2千葉からDF乾貴哉(23)が期限付き移籍で加入すると発表した。

小川は水戸で17試合に出て7得点をマーク。日本代表として昨年12月の東アジアE-1選手権でデビューし、ハットトリックを記録するなど活躍した。小川はクラブを通して「水戸に来てたくさんのことを学びました。皆さん、本当に感謝しています」とコメントした。

加入する乾は桐生第一からJ2千葉に加入。58試合に出場し、3得点を記録している。期間は2021年...    
<記事全文を読む>