第28回全日本高校女子サッカー選手権(兵庫・3~12日)に出場する大谷室蘭は2日、神戸市西区の神戸フットボールパーク岩岡で調整した。初戦は3日、聖カピタニオ(愛知)と対戦する。

 選手はリラックスした表情を見せ、ランニングやパス回しで体を動かしセットプレーの動きも確認した。聖カピタニオは前回大会8強。実力のある選手を前線にそろえる強豪だ。

 チームは先月28日に大阪、1日に兵庫に入り、各地区の出場校と練習試合をこなし、聖カピタニオの試合映像を通じて分析を続けてきた。渡辺純一監督は「得点のチャンスはそう多くない。セットプレーが鍵...    
<記事全文を読む>