J1横浜Mは3日、東京五輪出場を目指すUー23(23歳以下)日本代表MF遠藤渓太(22)と2020年シーズンの契約を更新したと発表した。

 育成組織出身の遠藤はプロ4季目の昨シーズン、自身最多のリーグ戦33試合に出場して7得点。15年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。

 昨年12月の東アジアE-1選手権(韓国)で日本代表デビューを果たし、今月のUー23アジア選手権(タイ)の日本代表メンバーにも選ばれている。

 クラブは同日、日本代表DF畠中槙之輔(24)とDF松原健(26)とも契約を更新したと発表。DF広瀬陸斗(24)が...    
<記事全文を読む>