サッカー天皇杯全日本選手権の初制覇から一夜明けた2日、Jリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸の監督、選手らがメリケンパーク(神戸市中央区)であった優勝報告会に出席した。約3千人のサポーターが集まり、フィンク監督は「素晴らしいサポートで大きな目標を達成できた。神戸は日本で一番すてきな街で、ファンも日本一」と感謝した。

 会場は海に面し、港に停泊中の船舶が汽笛を鳴らす中、開会した。ステージ上には、獲得したばかりの天皇杯が置かれ、光輝いていた。

 あいさつに立った主将のMFイニエスタは「みんなにとって特別な日。このタイトルは成長するための一歩で、可能性はたくさん残っている...    
<記事全文を読む>