深紅に染まったゴール裏が、パブリックビューイングの会場が、笑顔と涙であふれた。1日のサッカー天皇杯決勝で初の栄冠に輝いたヴィッセル神戸。1995年、阪神・淡路大震災の被災地に誕生したチームは復興へと歩む人々の希望でもあった。互いに励まし、励まされた25年。サポーターらは万感の思いを込め、応援歌「神戸讃歌」を歌い上げた。

 神戸市内のパブリックビューイング会場には、ヴィッセル発足前から「サポーター第1号」を名乗ってきた男性の姿があった。

 神戸市須磨区の公務員、藤原裕二さん(55)。1993年12月に設立された「神戸にプロサッカーチームをつくる市民の会(オーレ!K...    
<記事全文を読む>