女子サッカークラブとして静岡県磐田市を拠点に活動してきた「静岡産業大磐田ボニータ」が2020年1月から、運営母体や名称を改め「静岡SSUアスレジーナ」として新スタートを切った。練習場所やホームゲーム開催地などは同市のまま。日本女子サッカーリーグ所属の静岡県内唯一のチームとして、地元ファンは引き続き熱いエールを送る。
 旧磐田ボニータは静岡産業大で学校・地域融合型クラブとして08年に発足した。チャレンジリーグを経て18年、なでしこリーグ2部に昇格。同大OBの社会人や現役学生などが所属している。小売りや警備会社など地元企業が社会人選手の雇用を支えている。
 運営母体は一...    
<記事全文を読む>