サッカーの天皇杯全日本選手権は1月1日、完成間もない東京・国立競技場で決勝が行われ、クラブ初タイトルを目指す神戸と、6度目の優勝を狙う鹿島が対戦する。緊迫感ある接戦が予想される。

 両クラブの対戦成績は神戸から見てJ1通算10勝7分け25敗。タイトル獲得数「20」の鹿島に大きく水をあけられているが、今シーズンに限っては1勝1敗の互角だ。今季初戦の5月はホームで0-1の完敗を喫したが、直近の11月は敵地で3-1。出場機会が限られていた藤本、郷家が先発して得点を挙げるなど、戦力の底上げを印象付ける快勝だった。

 決勝前日の31日は、神戸が国立競技場で練習し、鹿島は茨...    
<記事全文を読む>